社内の共有ファイルを探すのに時間かかっていませんか?

社内のファイルが見つからずイライラする瞬間がある

もし、そんな悩みを感じたとしたら、きっと社内のみなさんも同じ感情を抱いているはず、社内のファイル共有がうまくいっていない証拠です。

ファイル共有のルールも曖昧になり、よくわからないファイルが投げ込まれたりすると整理するのも面倒。日々ファイルが増えていくと、どんどん探しづらくなっていく・・・

もし、フォルダをたどってファイルを探しているのだとしたら、探し方をGoogle仕様にしてみてはどうでしょうか。

普段ネットで情報を探すときに検索窓を利用するのと同様に、大量の社内のファイルから目的のファイルを探しだすときも、同じように検索してみてはいかがでしょうか。顧客名、商品名、書類の種類、年月、自分の名前、探したいファイルのキーワードはいくつも頭に浮かんでいるはずです。検索窓にキーワードを打ち込めば、目的のファイルがピンポイントで見つかる、簡単な様で、なかなかできていなかったことですよね。

会社内でのファイル共有は、1. 社内ネットワーク共有フォルダの利用、2. クラウド型ファイル共有サービスの利用、3. 専用ドキュメント管理アプリケーションの利用とに大別できます。

ドキュメント管理アプリケーションは、検索性、保守性、安全性とが備わっていますが、高価なこともあり、中小企業での導入は容易ではありません。また、最近では、タブレットやスマートフォンを使って、社外からファイルを閲覧したいという要望から、クラウドサービスの活用も進んできていますが、セキュリティ面の心配から、その利用は重要なファイルを除く一部にとどまっているのが現状です。

私たちは、社内ネットワーク共有フォルダの利用こそ、これまで以上に便利にできないか、その点に着目してファイルの全文検索サービスをご紹介しています。PDF, Word, Excel、共有フォルダにどんどん投げこめばOKです。さらに、共有したファイルは、自動的に、そして安全にバックアップもしてくれます。

ファイル共有をもっと便利に。

ファイルを探す、もったいない時間コストを減らしてみませんか?

本当は紙の資料も共有したいんだけど・・・、そんなお悩みも、カミノバが一番得意としているところです!